悪魔の住む村を教えよう

男は山道を走っていた。
山の頂に住むという仙人に会うためである。

彼は近々結婚を控えていたのだが、村に謎の伝染病が流行ってしまい、それどころではなくなってしまった。
婚約者も彼の家族も皆病床に伏せってしまい、居ても立ってもいられなくなった男は、何でも知っているという仙人に、知恵を借りに行ったのだ。

そして、ようやく仙人に会う事の出来た彼は尋ねる。

彼:「村のみんなが変な病で苦しんでいる。どうしたら助けられる?」

仙人は悲しそうな顔で答えます。

仙人:「わしの力じゃあどうしようもない。悪魔の力でも借りん事には無理じゃろて」

男はなおも食い下がる。

彼:「ならその悪魔の居場所を教えてくれ。私はどうしてもみんなを助けたい」

仙人はしばし悩んだ後、答えました。

仙人:「うーむ・・・まあいいじゃろう。悪魔の住む村を教えよう。じゃが、おそらくどうにかできるのは、白い尻尾の優しい悪魔達だけじゃ・・・黒い尻尾の意地悪な悪魔達には無理じゃろう。それを忘れるな」

男は悪魔の住む村の場所を教えてもらうと、すぐにその場所へと走りました。
そして白い尻尾の悪魔を見つけると、頭を下げて頼みました。

彼:「私の村で妙な病気が流行り、皆苦しんでいる。どうか助けてほしい」

悪魔はにこやかにほほ笑むと、「ええ、良いですとも」と一言言い、呪文を唱えました。

悪魔:「もうこれで大丈夫。さぁ早くお帰りなさい。」

そして男は悪魔に涙ながらにお礼を言うと、一目散に村へと帰って行きました。

彼:「これでみんな助かったんだ・・・」

男の足取りは、来た時以上に軽やかでした。

そんな男が帰るのを見届けると、白い尻尾の悪魔に黒い尻尾の悪魔が近づきこう言いました。

悪魔に黒い尻尾:「俺にはお前みたいな酷い事は出来ないよ」

白い尻尾の悪魔はニコニコしながら答えます。

白い尻尾の悪魔:「あなたは私なんかと違って優しい方ですからね、仕方ありません」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!