キリシタンの里

キリシタンの里

2014年6月14日 0

岩手・宮城に跨る大籠地区は日本有数の隠れキリシタンの里である。 大籠地区には、かつて砂鉄を原料としたタタラ製鉄で炯屋(どうや)が数多くあった。 永禄元年(1558年)、技術者として [続きを読む]