【投稿】宿直室

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

※この体験談は体験談投稿フォームよりいただきました鈍色蝶様からの投稿です。

これは、その昔とある学校の宿直室で起きた話です。

宿直担当だった若い男の先生は、夜も遅くなったのでそろそろ休もうかと思っていました。
その時、宿直室のドアをコンコンと叩く音がしました。

「こんな夜中に誰だぁ?」

彼が立ち上がると同時に、女の声が聞こえました。

『開けてください。』

「ひぃっ!」

彼はたじろぎました。ドアは離れているのに、声が耳元で聞こえたからです。
彼は立ったままドアから目を離さずに言いました。

「誰だ?」

返事はありません。
ドアを開けてみましたが、そこには誰もいませんでした。

「いたずらか・・・・・・」

彼は部屋の明かりを豆電球ひとつにし、布団に入りました。
彼が眠りに入りかけた時、またドアをコンコンと叩く音がしました。
またいたずらかと思った彼は、そのまま目をつむっていました。
すると、また耳元で女の声が聞こえました。

『開けてください ・・・・・・目を。』

彼がゆっくりと目を開けると、血まみれの女子生徒が枕元に立っていたそうです・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!