【投稿】残っていた子

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

※この体験談は体験談投稿フォームよりいただきました鈍色蝶様からの投稿です。

これは、とある小学校で本当にあった出来事です・・・。

6年生のK美ちゃんは、放課後に委員会の仕事を一人でこなしていました。
ようやく仕事が終わった頃には、すでに日は落ちていて、静まり返った校内には誰も残っていないようでした。

「一人で帰るの怖いなぁ・・・ 誰か残っている子はいないかなぁ・・・」

K美ちゃんは図書室の前を通った時、誰かいないかふと中を覗いてみました。
すると、奥の方で手招きしている子がいるのを見つけて、

「よかった、まだ残ってる子いたんだ~。」

K美ちゃんはホッとして、その子のいる方へ歩いていきました。
ところが、ふとよそ見をした瞬間、その子はいなくなっていました。

「あれ、おかしいなぁ・・・」

K美ちゃんが周りを見回していると、見慣れない女子児童が入ってきて、

「さっ、鍵を閉めて帰りましょ。」
「う、うん・・・」

K美ちゃんは返事をしながら、うしろを振り返って、

「さっき、奥の方に人がいた筈なんだけど・・・」

すると、女子児童はまばたきひとつせず、K美ちゃんをじっと見つめながら、こう言いました。

「今、話しているじゃない。」
「えっ!?」

K美ちゃんが驚いた声を出すのと同時に、女子児童はフッと消えてしまったそうです・・・・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!