狐に憑かれると

自分の実体験です。

中学生の頃、あるクラスメイト(女子で、Aとします)が、突然体育の授業中におかしくなりだした。
Aはいきなりなわとびで自分の首をしめていた。

その場にいた生徒や先生がなわとび取り上げ、ほっぺたを張り飛ばすと正気に戻った。
その間の記憶はないということだった。

それから1週間の間、Aは1日に何回か手で自分の首を絞めた。
授業中突然そうなるので怖かった。

クラス全員で見ているので放置ということはなく、すぐ止められていたのだが・・・「助けて・・・」と口から弱々しく漏れることもあった。(一度だけ俺と目があったのだが、掛け値なしに生きてる人間の目ではないと感じた)
国語の時間、英語の時間、社会の時間、関係なくそれは起こった。
やはりその間のA記憶は無いと言うことだった。

音楽授業の時間に、Aと同じ列に座っていた女の子数人がそろって突然悲鳴を上げた。
聞くと、「首の後ろに冷たいものが通った」と口をそろえて言う。
クラスみんなが、まさか・・・と思ってAの方を見た。
Aは突然立ちあがり、「旧校舎に行く」と言って教室を出ようとした。

音楽の先生はおばあちゃんだったので、男子生徒数人が無理やり止めたが、ものすごい力だった。
制服が脱げそうになるくらい無理やり引っ張って、やっと止めたという感じだった。

そんなことがあってからAはしばらく学校を休んでいた。
俺達生徒は興味津々。
先生に「Aはいまどうしてるの?」「旧校舎で首吊りがあったってマジ?」と質問しまくった。

Aは数日後に無事登校してきた。
お払いをしてもらったそうだった。
音楽室の件に関しても、何一つ覚えていなかったらしい。

そして、これ以降事件が起こることはなかった。
先生は「旧校舎では何も起こらなかった」と後日言っていた。

ずっとあとに聞いた話だと、Aには狐が憑いていたということだった。
その後、しばらくは旧校舎に探検に行く男子生徒が絶えなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!