指先を落としました

数年間、自営業をしていた時期がありました。

毎朝早く起きて、まだ子供だった娘と仕込み作業をしていました。
その日も仕込みでオニオンスライスを作っていたら、指先に痛みを感じて、見ると軽く皮膚を削いでいました。

よくあることですが、娘が「おかしいよ」と騒ぎます。

娘:「だって、玉ねぎはまだスライスし始めたばっかで、まだ大きなやつだし、母さんは上の方持ってたし、私見てたよ!全然スライサーの刃には触ってないのに!」

娘:「でも、指先は切れてるんだから、やっぱり刃に触ったってことだよね?」

私:「うん、まあそれはそうなのかな・・・」

そんなやりとりをして、マキロンとバンドエイドで仕事を続けていました。

そしたら、もう一度あったんです。
ゆで卵のみじん切りを作った後に、卵で汚れた長い包丁を濡れタオルで拭いた時です。
つっ・・・と指先に痛みを感じて、また軽く皮膚を切ってました。

今度は確かに”おかしい”と思いました。厚みのある濡れタオルで包丁は完全に包んで拭ったので、切れるわけがない。
でも切れてました。

なんだかわからないけどヤバそうだと思ったので、とりあえず粗塩をティッシュにくるんで胸元にはさみました。

それから当分の間は気をつけていたのですが、ひと月以上経って忘れた頃に、指先を落としました。
機械の点検中、刃にはガードもついてるし、手順通りにしてたし起こるわけのない事故。

私のミスってことにしかならないんだけど、あれはミスじゃなかったと思います。
ティッシュで指先のない指を抑えながら、もーなにコレ、コレが結末なのかな、でもまあコレで終わったんだよね、という妙な安堵感がありました。

まだそれから救急たらいまわしとか移植とか入院とか、いろいろ大変だったんだけどね。
なにが原因なのかわからないけど、それからお守りは肌身離さず持つようにしてます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!