知らないお爺ちゃんいたね?

幼稚園の頃からピアノを弾いていて、祖父の家に行くと必ず祖父のピアノを弾いてた。
生前の祖父は、ピアノを弾いている自分をそっと部屋に入って後ろから眺めてた。

小三の頃祖父は他界。
他界した後も祖父の家に行く度にピアノを弾いている。
自分は霊感なんてないが、その度にそっと部屋に祖父が入ってくる気配を感じる。
でもそんな事話してもバカにされるだけなので、自分だけの楽しみで親戚の誰にも語ってない。

月日が流れて、三歳の姪っ子とピアノの部屋でピアノを弾いてた。
「あ、またお爺ちゃんが入ってきたな」、と気配を感じながら姪っ子にピアノを教えてた。

しばらくするといつもの様に祖父の気配が消えた。

気配が消えてから姪っ子がふと、「知らないお爺ちゃんいたね」と言ったのは驚いた。
子供はよく見えないものが見えると言うが、本当に見えてたのだろうか?
それともただ偶然自分が思ってた事と同じ事を言っただけなのか。

でも姪っ子の一言は嬉しかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!