聞き取れなかったが3文字

夜中の枕元。
俺が中学生のときに体験したやつかきます。

俺の部屋は階段登って左側にあって右の部屋は兄がつかっていた。

いつものように0時過ぎに部屋にいきベッドに入って、2時過ぎに金縛りにあって目が覚めた。(そんとき毎晩ひんぱんに金縛りにあっていた)

俺の家すごく古いから階段登ってたらきしむんだけど、金縛りにあってちょっとして階段をだれか登ってきた。

「兄が帰ってきたのかな?」と思ったが、俺のドアの前には小窓がついているんだがそこの人影らしきものが見えた。

これなんかやばい気がしてそんときは寝た。

次の日、怖かったが1時過ぎに就寝。
この日も金縛り&階段を誰か登って俺の部屋のドアの前で止まる。

ここで終わり寝た。
次の日に起きてしまった。

0時過ぎに就寝、2時過ぎ目が覚めて金縛りにあう。
なんか目をあけちゃいけないきがして必死につぶってた。
が、恐る恐るあけるとベッドの枕元の前に男の人が立っていた。

「なに?やばっ!」と思いながらドアには鍵かけたのに、顔は暗くてみえなっかた服装は今どきな感じだった。

その人から「○○○」聞き取れなかったが3文字なんかいわれたのは覚えてる。

視線を落として上向いたらもういなかった。

それ以来金縛りはなくなった。

その日は兄は夜勤で他の家族も2階に上がってないといわれた。

それから数日前に小学校の親友が事故で亡くなったと聞いて、俺に何かいいたかったのかと・・・。

あの3文字は今でも思い出せない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!