早よ死ねや

私の母が病院で看護師をやってたんだけど、その母から聞いた話。

母がまだ新人だった昭和の頃のこと。
その日、母が夜勤で詰所にいたところ急に悪寒がしたと思ったら、詰所の前を誰かが通ったんだって。

こんな時間に誰だろう?と母が窓から覗くと、羽織袴の老人の後姿が見えたそう。

母が「どうしました?」と声を掛けたけど、老人は何も言わず行ってしまったので不審に思って後を追うと、老人は階段を上がって二階の奥の個室へ入って行ったんだって。

その部屋は、元市議で町の傑士(けっし)とかいう男性患者が入院してたそうなんだけど、母が続いて部屋に入ると、7,8人くらいの男が患者のベッドを取り囲むように立っていて、全員で患者の顔を覗き込みながら「おい、早よ死ねや、早よ死ね」と言っていた。

母が驚いて「何してるのあなた達!!!」と一喝すると、男達はいっせいに母の方を向いた。
だけど、その顔はどれも真っ黒で何も見えず、すぐに闇に溶け込むように全員消えたんだって。

で、結局その患者は回復して政治家にカムバックしたらしい。

母は「私、よけいな事しちゃったのかな」と言ってたけど。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!