何かに連れて行かれた

友達のお兄さんの体験談。

そのお兄さんは九州の某大学の剣道部。
大学の体育会系というと、上下関係はかなり厳しい。
その夏の合宿中での出来事。

部屋は学年毎に別れてたのだが、毎朝4年生の部屋の窓が10cm程開いているという。
窓はサッシ(横開き)と障子という形になっていたらしい。

毎晩閉まっているのを確認しているのに、朝になると決まって10cm程開いている。
誰かのいたずらかと思った4年生は、1年生の一人に一晩中窓を見張っていろと指示した。

最後の晩、その1年生一人を残し皆はどんちゃん騒ぎの宴会。
見張りをさせているのを、翌朝思い出した4年生が部屋に戻って見ると・・・。
見張り役は、きちんと正座をして窓を見張っている。

窓は、やはり10cm開いていた。

「おい。どうだったんだ?何か分かったか?」と声を掛けた瞬間・・・。
こちらを振り返る事もなく、返事をする事もなく、立ち上がり、窓を開けすっと窓から身を投げた。
それからはその合宿所の4年生部屋は立ち入り禁止になった。

見張り役の人が何を見たのか、見張り役がどんな顔をしてたのか。
分からないままなんで、なんとなく、気になる怖さでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!