深夜2時39分のバス

高校一年の今頃、週末に友達の家に泊まった。
夜中、公園の池の魚の話になって、見に行くことになった。

その途中に少し大きめの十字路があるんだけど、そこで路線バスが東の方角から来て左折して駅方向へ行った。
青白い室内灯に照らされたバスの中には乗客がある程度いて、みんな俺たちの方を向いていた。

こんな時間にバスが通るはずないだろと思って携帯を見たら2時39分だった。
そもそもそのバスは東側の道を絶対に通らない(その先数百メートルで行き止まり)。

友達は明らかに見ていたんだけど、全然口を開かない。
そんで、公園の広場でいきなり「バスってこの時間も回送してんだね」って言い出した。

だから俺も「新人の運転手さんが練習してたんだろうね、ビビったー」って言っといた。

たまに遅くなってその道通ったりしたら思い出してたんだけど、あまりに雰囲気が幻想的だったし、友達もその話しないから夢か現実かあいまいになってた。

それでこの前、久しぶりの飲み会でその話になった。

友達いわく、「あの時バスに客いたんだよね。お前見てなかったみたいだから言えなかったけどさ」

周りの友達は撮影だったんじゃねーの?寝ぼけてたんじゃねーの?と笑っていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!