3m下のコンクリートの側溝へ

自分は子供の頃(6歳ぐらい)受け口で、前歯(永久歯)の下側が上側より前に出ている状態だった。
歯医者に相談した時、まだ体が小さいので、矯正するにしてももう少し大きくなってからとの事だった。

そういう子供の頃、いとこと遊んでいる時に、路肩から3m下のコンクリートの側溝へ落ちたことがある。
一瞬何が起きたか分からなかったが、横になった体はすっぽり側溝に嵌っていて、足や肋骨などの骨は折れていない。
ただ、顔は何かにぶつけた様で鼻血など出ていたように思う。

病院に連れて行かれたら、上の前歯が一本折れていたのだが、医者から「他に痛いところは無いか?」と聞かれ、「左足のひざが痛い」と返事した。

親父や医者がズボンを下ろすと、ひざの辺りの肉がぱっくりと開いていて、でも不思議なことに血が一滴も流れていなかったらしい。
自分も見ようとしたが、親父に押さえつけられて麻酔を打たれ縫合された。

そんな怪我から数日後、そういえば前歯はどうなったんだろうと思ってみて見た。
すると・・・一本途中からすっぱり横に切れていて、『随分きれいに折れるものだ』、と思っていたら・・・・『受け口』が直っていて、正常なかみ合わせになっている。

受け口は折れた一本の歯だけじゃなく、前歯全体がしゃくれてたんだけど、あの事故の後まったく正常になっていた。

あごの下をどこかに打ちつけた事は無かったし(傷も打身も無い)、折れた前歯以外、他の歯もあごの関節も痛くない。

ほんと、前歯1本が欠けた以外はまったく正常になってしまっていた。
歯医者も不思議なこともあるもんだと言っていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!