ウチの家系は「神の嫁の末裔」

ウチの地方、昭和初期くらいまで『神様の妾(かみのめかけ)』ってのがあったんだって。

なんか、選ばれた女の人が持ち回りで3~5年ずつくらい神様に夢の中で愛さるらしい。
夢の中でセクースする感じの?

それで、家の先祖のとある女の人が、それに選ばれた。

結構抜けている人で、持ち回りの妾(めかけ)だっていうのに、自分が正妻になったと勘違いした。
三年くらいしたら、神様がちっとも来なくなり、神社の偉い人に聞いたら、事実を知らされた。

そしたら、女の人は神様を恨み、自分を捨てたという怨念の塊になり、独身のまま若くして死んだらしい。

で、その直後、その時の妾(めかけ)の人の所に、ズタボロになった神様が来て「もう来れません、これ以降は誰もいりません」と言って、それ以降、神様が誰の夢に現れる事も無くなったそうだ。

・・・神様、あの女に捕まったんだろうなあ、と、ちょっとかわいそうに思った。

祟りとかそういうのは無い。
だけど、ウチの家の家系が昔から『神の嫁の末裔』と言われているらしい。

やっぱ、人間恐ぇ。
死んでも恐ぇ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!