瀧廉太郎憾(うらみ)

瀧廉太郎(たきれんたろう)という人物をご存じだろうか。

日本において最も早く日本語によるオリジナル唱歌を作った一人だ。
「荒城の月」「箱根八里」「花」「お正月」「鳩ぽっぽ」など、日本人では知らない人はいないだろう。
だが彼が不遇の人生を歩んだことについて知る人は少ない。

当時、瀧は多くの唱歌を作り人気を博した。
だが、その活躍に眉をひそめるもの達がいた。
それは当時の文部省に関係する人物達だ。

若くして才能にあふれる瀧に嫉妬と恐れを抱いた彼らは、ついには瀧に無理矢理ドイツへの留学を命じた。

もともと体が強くなかった彼はしぶしぶではあったが、留学を決意。
たぐいまれなる才能で留学先でもその花を開かせようとしていた矢先、突然結核を患ってしまった。(今現在でもこれは仕組まれていたと見る動きもある)

失意の中帰郷した瀧ではあったが、それから23才の若さでこの世を去るまで数多くの作品を作った。

ところが政府は、瀧の病気を理由にその多く作品や身の回りのものを焼却処分したことがわかっている。

瀧はこれまで受けた仕打ちと死後の対応を予感していたのか、一番最後の作品として『憾(うらみ)』というピアノ曲を作っている。

声楽作品しか作ってこなかった瀧が、なぜ最後の曲にピアノ曲を選んだのか。
ひょっとするとそこには言葉として残してはおけない憎悪のメッセージが、暗号のように隠されているのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!