その『人』影が現れると・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

20代初めの頃、病院で働いていました。
所属は末期癌病棟、業務内容は医療機器の整備・操作です。

ある宿直中の深夜、病棟を見回っている時に、黒い影を目撃しました。
影はトコトコと歩いてある個室病室に入って行きました。

私は(患者さんがトイレに行ったんだろう)と思い、ナースステーションに戻りました。

2日後・・・その患者さんが亡くなり、自立歩行でトイレまで行けた方が、何故急に・・・と思ったのでよく覚えています。

それから数ヶ月して、また黒い影を目撃しました。
そいつは夕方の薄暗い廊下を横切ってある病室に入って行きます。

また2日経って、その病室の患者さんが亡くなりました。
その後も幾度か影を目撃しました。

影は腕のない人間のような、漢字の『人』という字に頭部を乗っけたような形で、成人男性ぐらいの大きさだったり、子供サイズの時もありました。
その『人』影が現れると、1~2日後に誰か亡くなるのです。

末期癌病棟ですから患者さんが亡くなること自体はそれほど不思議ではありません。
しかし『人』影が現れると、安定していたはずの容態が急変して患者さんが亡くなるのです。

気持ち悪くなって先輩に相談すると、「それはきっと“病気(癌)の本体”なんだよ。忘れてやるから、誰にも言うんじゃねぇぞ?患者さんが怖がるからな」と言われました。

私は言い付けどおり黙っていましたが、傍で聞いていた同僚が面白がって言いふらし、私と組んで働くことを嫌がるスタッフまで出てきたため、退職せざるを得ませんでした。

これは10年近く前の事です。
何で今更そんな昔のことを思い出したかというと、理由があります。

退職後、いくつかのバイトを経験し、4年ほど前に今の会社に入社しました。
今度の会社はペット関係で、ペット用品と仔犬・仔猫・ウサギなどの小動物を取り扱っています。
そこで3年間販売をし、1年ほど前に商品管理部の動物部門へ配属されました。

・・・で、またあの『人』影を見るようになったのです。

誰もいないはずの飼育室に誰かいる。
その1~2日後に仔犬や仔猫が亡くなる。
検便や血液検査をしても原因不明。
死亡動物の8割は私が発見者です。

ふと思いました・・・。

あの黒い『人』影は、亡くなった患者さんや仔犬達に憑いていたんじゃない。
あいつが憑いているのは・・・私・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!