凶悪な部類の幽霊

東南アジアでの体験談です。

事務仕事が一段落してちょっと現場巡回してたら何やら人だかりが出来てる。
人だかり=トラブルの可能性大なので急いで人だかりの中心へ行ってみると・・・。

そこには腹にロープを巻き付けられて両手両足を4,5人に抑えつけられている男がいた。
口から赤い泡を吹き(口の中切っていた)、抑えられながらも尚手足をバタつかせながら叫び狂っている。

状況がいまいち把握できないが、今までの経験的に大怪我をしたが運悪く気絶できなかった奴に似ている。
とっさに今日の仕事内容を思い浮かべ、現地スタッフに「(高い所から)落ちたのか!?」と質問した。
以下現地スタッフ=スで。

スA:「違います!!ハントゥです!!」

スB:「ハントゥが出た!!」

スC:「ハントゥがこいつの中に入った!!」

そう俺に説明してきた。

大体言ってる事は分かるが肝心のハントゥが分からん。

俺:「ハントゥって何だ??」

スA:「ボス。ゴーストの事です。」

俺:「は???」

スA:「ゴーストは分かりますか?」

俺:「ゴーストの意味は分かる。・・・何言ってんの。」

俺はかなり怪訝な顔をしていたと思う。
ここでスタッフBが俺に説明しているスタッフAに耳打ち。
納得した感じで再度俺に説明。

スA:「ボス。この国のゴーストは昼も出るんですよ。」

そんな事気にしてんじゃねーよ・・・。

俺:「分かった。とにかく病院に連れて行こう。」

しかし車を待っている間ハントゥの話を踏まえて改めて男を見てみる。
相変らず叫んでいるが内容は「ウワー」「やめてくれー」みたいな感じ。
目はひん剥いていて絶えずあっちこっちを見ている。
手足もただバタつかせているというより、逃げようとしたり手で何かを自分の方へ来ないようにしたりしている。

たまに目が一点で止まったと思ったら手で顔を隠す。
確かに怖い幽霊見たらこんな反応するかもなーと思いながら、ふと気になったんで質問。

俺:「そういや何でこいつ腹にロープ巻いてんの?」

スA:「高所作業中にハントゥに入られたんで。ロープで何とか下ろしたんですよ。」

とデジカメ写真を見せられた。
確かに皆で男をロープで下ろしてる。
正直凄いなと思った。

そうこうしているうちに車到着。

俺:「よし。病院へ搬送するぞ。抑えてる奴も一緒に乗り込め。」

ところが皆動かない。
何かと思ったらまたスBが何やらスAに耳打ちしている。

スA:「ボスラッキーです。現場に○○○がいます。呼んだんですぐ来ます。もう大丈夫です。」
とか言ってきた。

○○○は聞き取れなかった。
後で分かるが要するに祓い屋みたいな奴らしい。
また俺が怪訝な顔をしていると祓い屋登場。
てかうちの作業員のおっちゃんじゃねーか!!

でも周りを見ると皆今までの騒ぎと打って変わって安心しきっている。
あー良かったーと笑顔まで見せてる。
まだ男は絶賛暴れ中なんだけど・・・。
ホントは責任者として病院に連れてくのが正解だと思うけど、雰囲気としてはもう事は終わるという感じ。
思わず流れを見てしまった。

男はまだ暴れながら叫んでいるが強引に座らせられる。
祓い屋は落ち着き払った感じで男の後ろに回ると思いっきり肩を叩いた。
その瞬間男は大人しくなった。
・・・というか気絶した。

俺:「何今の?」

スA:「もう大丈夫ですよ。」

祓:「事務所に寝かせときましょう。起きたら水でも飲ませてやって下さい。」

いや説明しろよ。

何にせよこれだけでお祓い終了らしい。
何か府に落ちないが一応トラブルには違いない。
上司に電話で経緯を説明すると・・・。

上:「あー。大変だったねー。お疲れさん。」

俺:「やっぱ病院に連れった方が・・・」

上:「大丈夫大丈夫。よくあるし。」

よくあるんだ・・・。

事務所に戻ったら俺の席の後ろの床で寝てる。
暴れねーだろーなと思いながら仕事してたら男は一時間後位に起きてきた。
水を渡して話を聞いてみると・・・。

男:「ハントゥに憑かれたの初めてですよ。びっくりしました。」

俺:「大丈夫なのか?今日はもう帰った方がいいぞ。」

男:「口の中切ってて痛いです(笑)とりあえず仕事に戻ります。」

俺:「そうか。気をつけろよ・・・。」
としか言いようがなかった。

タフな奴らだ・・・。

以上が体験談になります。

補足ですが後でスタッフに色々聞きました。
ハントゥは黒い幽霊でこの国ではポピュラーなやつ。
辞書にも普通に載ってました。

現地語→日本語の辞書だとハントゥ→幽霊でやっぱり載ってます。
取り憑かれたらほっとけば2,3日で死ぬらしいです。
それ日本だとかなり凶悪な部類の幽霊のような気が。
てかそれを道具なし、呪文なしで祓えるこの国の祓い屋って一体・・・。

ちなみに4年間で3回遭遇してます。
ハントゥ自体は見てないので取り憑かれた奴と祓い屋です。
1回はうちのスタッフですが残り2回はお客さんのところに訪問している時。
場所は全部違いますが遭遇するたびに適当に現地スタッフの祓い屋というか祓える奴が来て一撃必殺で終わりです。
祓いの専門職ですらないです。

何にせよ面白い体験だったのでこれ以降怖い話にハマりました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!