一直線に向かってくる

これは実際に昔自分が体験した話。

昔から自分は結構なビビリで、怖い話とか駄目だった。
その割りには、嫌な気配とかはよく感じてだんだ。
まぁ、ただの勘違いかもしれ無いけど・・・。

今回はその嫌な気配について。

当時の自分は高校2年ぐらいだったかな?
当時、自分は窓際にベッドをつけて寝ていた。

時間は深夜1、2時。(ハッキリ覚えて無い)
やけに眠れなくて、ベッドの上で寝ようと顔を手で覆いながら格闘していた。
でも、やっぱり寝れない。

どれぐらいそうしてたかは分から無いけど、気付いたら窓の外から微かな犬の鳴き声がしてた。
本当に微かで、少しでも物音をたてたら確実に聞こえなくなるぐらい。

多分、二件隣の辺りから。
でも、当時ここらは犬を飼ってる人が居なかったから野良だろうと思ってた。
それよりも早く寝たかったからあんまり気にもしてなかったんだけどね。

また寝ようと格闘する自分。

「ーーーキャンキャン・・・」

・・・また微かに聞こえた。
しかもさっきより近くなった気がした。
訝しく思いながらも、眠れないことに苛々してた自分は気にしない様にして、また寝ようと頑張る。

「ーーキャンキャン・・・。」

ここで、何と無く変な感じがした。

・・・近づいてる?

まぁ、動物だし、移動しててもおかしくはない。
けど、何か違和感があった。

そうこう考えてると、また鳴き声

「ーキャンキャン・・・。」

更に声が近づいてきて、やっと違和感に気付いた。
犬の声が一定の感覚で聞こえる。
ソレは一定のリズムを保ちながら、鳴いていた。

「キャンキャン・・・。」

気付いた時には、隣の家の中間辺りで声がしてた。
そこで、また違和感。

これ・・・犬・・・・・・じゃない。

犬だと思っていた声。
でもソレは機械質な声だった。
むしろ、確実に犬のオモチャの声。

この時点で、自分は寒気がした。
すごく怖かったのを覚えてる。

だって、アレが確実に一直線に自分がいる所に向かってきてる。
こんな夜中。
しかも家の付近は御高齢者か小学低学年しかいない。
つまり、起きていない。
つまり、誰かのいたずらでも無い訳で・・・。

「キャンキャン」

その声は、自分の横の真下。
つまり、隣接してる窓の下からハッキリと一定のリズムを保ちながら機械質な声を響かせてる。

怖くなった自分は布団を深く被り、目をキツく瞑った。

来るな・・・来るな来るな!

「キャンキャン!」

耳にこびりつく様な機械声が壁を隔てた真横から響いた。

ちなみに、自分の部屋は2階。
外には階段や、積まれたものも無い。
だから、真横なんであり得ない・・・。

「キャンキャンキャンキャン!」

今まで移動してたソレがずっと真横に滞在して耳障りな声を響かせる。

「キャンキャンキャンキャン!」

耳障りな機械の犬の声と、恐怖に耐えながら必死に目を瞑ってた。

気付いたら、寝ていた。

翌日の事は覚えて無いけど、母に話したら一笑されただけだった。

あれ以来、あの声は聞いていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!