守護霊が代わる瞬間

初書き込み失礼します。

親戚の集まりがあり、家族で茨城の祖母宅へ行った時のことです。
今から大体8年ほど前ぐらいですかね。

私の父方の親戚は、毎年夏休みに2、3日間ほど全員が集まります。
ご先祖様の墓参りなどを一族全員で済ませあとはひたすら宴会という、大人にとっては楽しくて子供にとってはちょっとつまらない、そんな集まりです。

当時私は高校二年生。
他の親戚の子供達より少しだけ歳の高い兄姉と私の3人は、大人たちに混じって炭酸ジュースを飲んでいました。
そして、ふと思い出したことがあり、そばにいた父と祖母に思い出話の一つとして6歳の頃の思い出を語りました。

私:「そういえば6歳の時の初詣で鹿島神宮に行った時、帰ろうとしたところで後ろから誰かに頭スパァンッて叩かれたんだよね。お父さんに怒られたかと思ってビクビクしながら後ろ振り向いたのにお父さんだいぶ後ろの方にいたのよ。他の家族とかみんな私より前の方にいて、私の後ろに誰もいなかったの超こわくない?」

言った後、父と祖母はしばらくの間びっくりした顔をしていました。

「なにかまずかったかな・・・」なんて焦っていると、父が口を開きました。

父:「叩かれた指は三本指だったな?」

今度はこちらが驚く番でした。
確かに私はその時、三本指の手に頭を叩かれた感覚がしていたのです。

驚く私を尻目に父はふと笑顔になり、「なんだそうかー。もう俺の後ろにはいなかったんだな」と。
はぁ?と思っていると、祖母が私に説明してくれました。

実は、頭を三本指で叩かれたのは私で四人目。
私の前は父が、父の前は祖父の弟が、その前は曽祖父の母が、やはり6歳の頃に叩かれているそうです。
父が頭を叩かれた時、祖母が懇意にしている『視る』ことを職業にしている女性に「なぜ叩かれるのか」と伺ったらしいく、私の家系のご先祖様の一人が守護霊のようになってくれていて、叩かれるのは代替わり瞬間なのだと。

要するに、叩くのは「今日からお前の後ろにいることにしたぞ」という合図だと。
三本指なのは、守護してくれているご先祖様が生まれつき右手に三本の指しかなかったからだそうです。

と、実はここまでが前置きでして、つい先日またスパァンッと三本指で頭を叩かれました。
一人の人間が2回も叩かれるのはなかったそうで、こわやこわや・・・と思っていたところ、祖母が懇意にしている前述の女性から祖母へ連絡がありました。

「あなたのお孫さん、最近良くない類のものばかりを集めている。その収集物のせいで悪いものがいっぱいお孫さんに寄り付いているが、本人は全く気付いていない。お孫さんに今ついている守護霊が『追い払うのもきりがない』と大層ご立腹の様子だからお孫さんによくよく忠告しておきなさい」

・・・とのことです。

良くない類の収集物って、最近ハマってる怖い話のサイト巡りとか心霊写真集め(ネットで)とか、ホラー映画鑑賞ぐらいしか思い当たることがなく、そろそろ控えようかな・・・と思っています。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!