幽霊さんによろしく

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

昔、俺の家に幽霊が出ていた。
そいつは、髪の長い青いワンピースを着た綺麗な女で、当時俺は、家賃が安いから仕方ないかもとあまり気にしてなかった。
その話を、同僚にして忘れた頃、休日にそいつの家に行った。

俺:「おじゃまします」
同僚母:「あら、友達?」
同僚:「例の霊がでる家にすんでる奴だよ、前に話たろ」
母:「あの霊の出る家に住んでるって人ね」

家の奥から弟(高校中退で無職、ガラが悪く家族に暴力をふるう少年院帰り)が出てきた。

弟:「何してるんだ玄関で?」
同僚:「この人が例の幽霊でる家の人」
弟:「あーーー幽霊出る家の?」(いぶかしげに見ながら)

その時はまっすぐ友達の部屋に行きたわいの無い話をして帰った。
ただ、帰り際に弟から言われた・・・。

弟:「幽霊さんによろしく」
弟:「今度一緒に来てって言って」
弟:「美人らしいから紹介して」

で、家に帰った後PCに向かいながら、なんとなく後ろに気配があったんで「俺の同僚の弟がよろしくって。今度家に遊びに来てって言ってたよ。もしよかったら付き合ってくれとも言ってた。行くなら他の家族には、迷惑かけないでな」となんとなく言ってみた。

数日後、最近職場で同僚が眠そうにしている姿よく見るんで聞いてみたら「最近、毎晩夜中に弟が俺の部屋に飛び込んできてガタガタ震えながら『女が女が』『たのむ兄貴一緒に居てくれ』って大変なんだ」と言ってた。

その数日後、同僚の弟が何も無い所で足滑らし頭を打って亡くなってしまった。

あの日からあの女の幽霊は俺の家に出なくなったし、付き合うことにしたんだろうな、あの世で・・・。

今考えると、他の家族の前には姿を出してないらしいし、弟の亡くなり方も別に家族の迷惑にならない方法だったし、俺の言った事を律儀に守ってくれたのかな?って思うよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!