ゾンビが見える病院

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

今週の火曜日のことですが、小4の息子が骨折しました。
それで、近所の病院に連れて行くことに。

そこの病院は以前、私が盲腸の手術をした時、麻酔が効きすぎて2日間意識が戻らず、もうダメかもしれない・・・と医師に言われたことがある病院でした。

家族は「医療ミスだ!訴えてやる!」とカンカンに怒りましたが、私も無事に生還?したし、いざ訴えるとなると色々面倒になり、結局そのまま・・・。

話を息子の話に戻します・・・。

息子は車椅子に乗せられ、診察室へ。
そして、ギプスをするために、診察室の隣の、『救急処置室』に入りました。

息子の車椅子を押して、処置室に入ると・・・部屋の中央にある緑色の診察台に、中年の男性が、なんと、真っ裸で横になっているんです。

裸ですよ!?

私はギョッ!!として、「なんで男の人が寝かされてるの!?ってか何で、他人の処置中に私ら親子を部屋に入れるんだろう」と、少々腹が立ちながらも、しげしげとその男の人を見てしまいました。

頭頂部がやや薄く・・・体を見るとあちこちアザだらけ・・・お腹がパンパンに膨れています。
足を見ると、尋常な色ではありません。
太ももから下が土気色で、ひざが大きく裂けて、骨が・・・「えぇ~~~!?ちょっと、重症じゃないの~~~!?」と、異様な光景に驚きつつ、看護婦さんに、この状況を説明してもらおうと思い、パッ、と看護婦さんを見ると、看護婦さんが立っている背後の壁に、青灰色のつなぎ服を着た、若い男の人が立っていました。

顔面が・・・完全に、陥没・・・グチャグチャに崩壊していて、ただ真っ赤な肉塊なんです・・・。

それを見た瞬間、「まさか!!」と思い、診察台の中年男性をもう一度見ました。
どう見ても、生きている感じではないんです・・・。

薄目を開けて、口は半開き。
微動だにしません。
肌色もひどく悪い・・・。

再び、壁に立つ顔面崩壊の男性を見ると、さっき見た時と立ち位置が変わっています。

看護婦さんが歩いている姿を追うように、立つ向きをゆっくり変えているのが分かります。
スーーーーーッ・・・・と流れるように、体の向きを看護婦さんに合わせています。

看護婦:「どうかされましたか?」

看護婦:「今からギプスを巻きますから、待合室でお待ち下さい」

そう言われて、一瞬、息子をここに残していくことをためらったのですが、私以外は、誰も気にしていない様子・・・。

これは幻覚だ、幻覚に違いない、と自分に言い聞かせ、ドアのほうに向かって一歩踏み出すと、ドアがある面の壁に、もう一人白いシャツ、黒いズボンの小柄な男性が立っていました。

目が合うのが恐ろしくて、すぐに下を向いてギュッと目をつぶったので、顔は見ていませんが、シャツから出た両手の色が紫色でした。

・・・待合室で、ひたすら、「なんみょぉほうれんげきょ~」とか「なむあみだぶつ」とか、思いつく限りのお経らしきものを唱えたり、胸で十字を切ったりしました。

やがて、息子がギプスを巻かれて、出てきて開口一番「ぷっはぁ~~!!今の部屋、便所の腐ったような臭いで、ムッチャ臭かった~!!はーーやっと出られたーーーー」と言いました。

また明日レントゲンを撮りに病院に行きます・・・。

たぶん1~2ヶ月は通うことになると思いますが、私が見た光景は、一体何だったのか・・・未だに心の整理が付いていません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!