野戦病院に近い様な職場

俺自身は零感で経験0なんだが、フィリピン人の友人が割と見る方らしく色々聞いたから試しに一つ書いてみるわ。
日本語と英語の混合会話だから内容を正しく伝えられていないかもしれない。
フィリピン行ったことないし、施設や表現なんかは日本的に置き換えるから脳内変換してくれ。

フィリピン友人(仮名で以下ジョシ)が日雇いで辺境の病院の雑用係りとして働いていた時のこと。
日本の様に厳密に管理された環境ではなく、野戦病院に近い様な職場だったらしい。
患者の中でも年寄りや幼児の死亡率が高く、身内の居ない無縁仏やそのまま捨てられる子も多かった。

そういった仏をまとめて安置と言うか供養する共同墓地の様なものがあり、ジョシはそこの管理を主に任されていた。
それは野外ではなく病院の地下にあり、畳というか茣蓙の様なものが敷かれいつも薄暗かったとのこと。

昼間いつもの様に掃除と雑用をこなしていると、ザーッザーッと雨が降っている様なか細い音が聞こえた。
雨かと思ったがすぐに違うと判った。部屋の隅に何かが観えたから。
それは小さな赤ん坊で、ハイハイしながらゆっくり近づいてきた。
ザーッザーッというのはその赤ん坊が這っていた音らしい。

今でこそある程度慣れ平静でいられるが、当時のジョシは殆ど経験がなくパニクった。
「チャナクン!チャナクン!」(あちらの言葉で赤ん坊の幽霊という意味らしい)と叫び、すぐに部屋を出て他の職員に助けを求めたが、その職員には「そんなことで騒ぐな」と言われた。
どうやら幽霊が出るのは珍しいことではないそうで、内心もう辞めたいと思ったが生活の為やむなく仕事を続けた。

活気のある町で、定職を見つけ辞めるまでの間何回も老人や赤ん坊を目撃したらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!