青く光る骨格標本

10年位前、内臓の手術した。
入院数日前、夜中に目が覚めたら体が動かなくて、目だけで周囲を見回したら、腹部の辺りをじっと見る「青く光る骨格標本(マント着用)」が居た。

その時、金縛りという言葉が浮かぶよりも何故か「体を動かすのがめんどくさい」と思っていた自分は、頭の中で「あっち行け!」と言いながら骸骨にデコピン食らわせるイメージを描き続けた。

今考えると馬鹿だw

骸骨も呆れたのかふっと消えた。
それを見て自分も満足して寝てしまった。

翌日にはそんな事すっかり忘れて、手術を受けて、なかなか治らないながらも日常生活に支障がなくなった頃、「実はアンタの容態ちょっと危なかったのよ」と母に言われあの夢を思い出した。

もしかして死神だったんだろか?
もしそうだったらデコピンで死神撃退しちゃったんだろか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!