建物の取り壊しから憑かれた

仕事柄色んな人と話すので、そん時お客さんのお兄さんのお話。

昔自殺があった建物の取り壊しをしてた時、なんか一日中体がだるい日があったらしい。
熱かな?とも思い、その日は缶ジュース買って家に直帰。
ご飯も食べずにすぐに自分のベッドに横になった。

うつらうつらしてくると、階段を上がる足音がきこえてきた。
はじめはオカンか妹(お客さん)かなぁーて思ってた。
だけど部屋の前に止まってから入ってくる様子もないし、ノックもしない。
まぁいいかとそのまま寝たらしい。

朝方、子供の笑い声が聞こえて起床。
喉が乾いてなんか飲もうと思って、昨日買ったままの缶ジュースを手にとった時、不自然な軽さだったらしい。
蓋を開けてみると、やっぱり半分以上無くなってる。
本人は怖いより悔しかったらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!