死んだのは記憶違い?

母から聞いた話。
ほんの1ヶ月くらい前の話です。

母はあまり大きくない総合病院の売店でパートをしています。
小さな売店で、店員も午前・午後で一人ずつ交代して営業。
母は午後の担当で、閉店までのシフトです。
売店は外来受付のロビーに面しているのですが、外来受付は売店より早く閉まってしまうため、閉店間際は暗い外来受付ロビーの隣で営業するかたちになります。

ある日、外来も閉まり入院患者への面会時間も終わった時間に、見た目も服装も若い男が売店にやってきたそうです。

病院自体が閉まっているわけではなく、1階の出入口に近い売店なので、入院患者でない人が入って来られないわけではないのですが、道は病院で行き止まりとなっているので、普通の客がふらっとやってくることは珍しく感じたそうです。

普通に会計をしていると、その男が母に話しかけてきました。

男:「あれ?(母の名前)さんだよね。ひさしぶり、俺のこと覚えてる?中学で同じ組だった○○だよ」

その男はどう見ても30代前半くらい。
母はアラフィフなので、中学の同級生にはとても思えなかったそうです。
母の服装も、マスクをして名札には結婚後の姓が書いてあるだけなので、正直、中学校以来顔を合わせていないのにわかるとは考えづらい。

○○さんとは確かに中学校の同級生だったそうです。
顔も、そう言われてみれば(若いけど)似ている。
ただ母の記憶では、その人は高校生の時にバイクの事故で亡くなったと新聞で知ったそう・・・。

それを思い出し、母はびっくりしてまともな返事が出来なかったそうですが、男はその様子を見て「え?昭和~年生まれだよね?」と更に話しかけてきたそうです。

確かにその年は母の生まれ年です。
男はそのまま、「頑張ってね」と声をかけて帰って行ってしまいました。

もしかしたら亡くなったというのは記憶違いかもしれないと思った母は、後日、母の母(私の祖母)に○○さんのことを聞いたそうです。

母:「○○くんって覚えてる?」
祖母:「ああ、あんたが高校の時に亡くなった子でしょ?バイク事故だっけ」

・・・と、確かに祖母も覚えていたようです。
○○という名字はとても珍しく、母の知り合いの中にもその人しかいないのです。

オカルト系を全く信じていない母ですので、冗談などではないと思います・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!