警備員はみんな知ってる

流れ止まってるみたいなので自分の体験を。

コールセンターに勤務している。
勤務先は5階建ての自社ビルで、最上階がオペレーターが電話応対をするフロア。
1~4階は事務処理部門のフロア。
地下が食堂と倉庫という作りで、2階と4階には自販機が設置された休憩室がある。

コールセンターは18時で受付を終了するので、仕事を終えた後2階の休憩室でお茶を飲みながら同僚と話していると、気付いたら20時を過ぎていた。

さすがに遅くなったし帰るかと休憩室を出ると、ざわざわと沢山の人が話している声がする。

日中オペレーターがいるフロアの廊下で聞くような、何十人もが同時に話しているようなざわめき。
各フロアへのドアには縦長のすりガラスが嵌っているのだが、廊下両側のドアともに明かりは消えている。
休憩室向かい側のドアから話し声は聞こえていた。

私はすぐに帰りたかったが、同僚は怖いもの知らずな性格で「これヤバくない?ちょっと確かめてみる」と私に囁き、躊躇いもせずドアを開けた。

途端にピタリ・・・とざわめきは止んだ。

だだっ広い暗い事務所は3面に窓があるためある程度部屋の様子は見えるのだが、当然誰1人いなかった。
後日よく話をする警備員さんに「こんな事があった」と話すと、「あぁ、2階の南側でしょ?警備員はみんな知ってるけど、怖がるから会社の人達には言わないであげてね」とさらりと言われた。

文章にするとあまり怖くないな。
でもそれ以来自分は20時前には会社を出るようにしている。
ざわめきがぴたっと止んだ後の沈黙は本当に怖かったので。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!