怪奇タイムが始まる

大学生の時の話。

夏・冬休みになると、48時間完徹麻雀大会を仲間うちで開催していた。
会場は俺が暮らしていた一軒家で、ここは屋根を子供が走り回って笑う声が昼夜問わず聞こえてきたり、天井から下がってるライトが地震のように揺れるほどの大音響と振動があったり、ラップ現象が日常的に見られる家だった。

俺は馴れて気にしなかったけど、霊感強い友人は泊まるとほとんどが金縛りになっていた。
試験前に「お兄ちゃんはお勉強中だから静かにしようね」って天井に声をかけて、静かになった時は可哀想に思ったし。

話を戻して麻雀大会だが、毎回30時間を経過した頃になると、半荘で全員が役満上がったり、ラップ現象が頻発して稗が倒れたり、それぞれの背中が順に熱くなったりの、怪奇タイムが始まる。
皆も何かの気配は感じてるから、麻雀中断して、ソレが部屋の何処に居るのか?外見の特徴は?を紙に描いて、セェーので開いたら・・・俺も含めて全員が、朝食作りに来ていた友人の彼女におぶさっている絵を描いていた。

もちろん彼女は気付いてないのだが、その時俺たちを見てニコッと笑った顔が、瞬間的に子供の顔だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!