足音くらいならいっか

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

母は見える人で、昔から結構色々な体験をしているみたい。
その中の1つ。

『毎週水曜日午前0時の足音』
母が昔住んでたある家は、毎週水曜日午前0時に母の部屋の天井から廊下の上、そして階段をぎっぎっと下りて、母と祖父の部屋の前を通り過ぎる足音が聞こえていたそうな。
もちろん母の部屋の上に部屋はなく、天井に行く階段も見当たらない。
不動産屋からもそのような説明は受けていなかった。
でも確実に小動物ではなく『人』が一段一段階段を下りて、廊下を歩いていく足音を母と祖父は聞いていた。

その時にばっちり目が覚めてしまう他は別に被害もないし、週に1日だけの事だからとあまり気にはしていなかったが、なんとなく気味が悪いなーと思っていたそうだ。
割愛するけど、その家は他にも色々なことが起こり過ぎて、「まぁ、足音くらいならいっか」と思ったらしい。

ある日、祖父が廊下の天井を眺めていると、天井の隅の方にほこりまみれの錆びた金具がついていて、外れそうな部分があることに気がついた。
金具をなんとか外してみると、収納階段が出てきた。
階段を上ってみると、なるほど「ぎっぎっ」と音がする。
祖父は、やっぱり聞こえてくる音はここの音だなと思った。

上った先にはやはり屋根裏部屋があった。そしてそこには古いマットレスがあった。
「あ、あの人のなのか」と祖父はピンと来た。

ちょうどマットレスがあったのは母の部屋の上あたり。
足音の開始点だった。
不思議と、男の人がこのマットレスから起きて、階段まで歩いて、階段を下りて、部屋の前を歩いて行く情景が、自然と頭に浮かんだらしい。

で、どうしたかというと・・・祖父はそのマットレスを捨てた。
もうかなり昔の話とはいえ、お祓いとかしないで普通にゴミとして捨ててしまっていいのかと、母から聞いた私がほんのり怖くなったww
でも結局それからは足音がしなくなったらしい。

居場所が無くなってしまったからいなくなったのか、そもそもマットレスにくっついてたのかは分からないけど・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!