金縛りを体験した夜

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

中学生の頃、一年間だけ犬を飼った。
オヤジが知り合いから引き取った雑種だった。
身寄りのない知り合いが急死して、犬好きだった父親が仏心を起こしたらしい。

大人しい老犬で、人懐っこくはなかったが、俺も時々散歩に連れて行くようになった。

オヤジの散歩コースとは別で、川沿いから海の堤防まで小一時間。
当時その周辺にエロ本なんかが捨ててあったりしたものだった。
時々いちゃつくカップルも目撃したが、犬のペースに合わせて覗きとかはしなかった。

ある夏の夜、三日ぶりくらいに犬と散歩に出た。
オヤジの残業と雨続きで、犬もストレスが溜まっていたのかもしれない。
俺が進むコースを少し嫌がっているような感じで、途中止まったりした。
それでも海まで歩くと、誰かが歌を歌っているのが聞こえた。
女性の声で、童謡みたいな感じの曲。

周囲に人の気配はないと分かった時、全身に鳥肌が立った。

俺が思わず犬を見ると、暗がりに向かって唸っていた。
俺は急に怖くなって、弾かれたようにその場を走り去った。

そのことがあって三日くらい後、俺は生まれて初めて金縛りを体験した。
夜うとうとした瞬間、なぜか女の歌声が聴こた。

「あっ、やばい!」と思った時、体が全く動かなかった。
心臓がバクバクして、それに合わせるように歌声がでかくなった。
超高周波の金属音で鼓膜が破れそうになり、俺は気を失った。

翌朝、母親に起こされた時、俺はまだ寝ぼけていた。
しかし、母親の言葉で目が覚めた。

母親:「チビがね、夜中死んだの」

俺は唖然として母親を見た。

母親:「お父さんが散歩に行こうとしたら、冷たくなって、動かなかったの」

俺が生まれて初めて金縛りを体験した夜、うちで飼っていた雑種犬のチビが死んだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!