階段で奥さんが首吊りして

中古の家を売買仲介して数日したら、その買い主の奥さんから電話。
クレームかと思って聞いてみたら、『この家寒いんです』と。

ハァ?ってなりつつ、戸建はマンションよりは寒いものなんですよって説明して一応納得させたんだけど、しばらくしたらまた電話。

『とにかく寒いんです、それに女の人が居るんです家の中に』

・・・とか言い出した。

こりゃ奥さん病気だなって、旦那さんに連絡して相談したんだって。
そしたら旦那さんも、奥さんが「家の階段に女の人が居る」って言い続けてて参ってる、でも念の為に家に何か無かったか調べてくれって頼まれて、仕方無いなって調べたんだって。

前の所有者の媒介業者は何も知らないって主張してたんだけど、近所の人が知ってた。

「あそこのおうちは階段で奥さんが首吊りして救急車来てたわよ、そのまま亡くなったんじゃない?」って。

売り主買い主の媒介業者は善意の第三者だから違約金はないけど、自分の仕事の中じゃ契約成立後に契約を解除した珍しいケースだね、と不動産コンサルタントの講師が話してたの思い出したわ。

その講師曰く、築浅マンション物件で自殺されるのは怖いよって話。
あっという間に噂が広まって物件の価値が半値以下になる上、自殺者も遺族も大抵お金ないから損害賠償請求も出来ない。

オーナーさんまで自殺寸前においつまるから、自殺はほんと迷惑!するなら山の中で勝手にしてくれって言ってた。

あと賃貸で怖かったのは、「自殺者が出た物件なんて気持ち悪いけど、住み続けてあげるから家賃を下げてくれ、下げてくれるまで払わない」って交渉してくる入居者が一杯出てきたことだって。

他人の死も自分の利益にしようとする人間の方がよっぽど怖いわな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!