道連れが欲しくなる

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

今住んでいる所の近くにある、とある施設の公共トイレなんだが、当時、地元では自殺の名所。
夏が近くなると、必ず一人はそこで・・・ってぐらい。

その日は友人三人と遊びに来てたんだが、たまたま現場を発見。
個室で男性が、こちらに背中を向けて、首を吊って氏んでいた。
大慌てで警備員さんを呼んで事情を説明し、軽い事情聴取を警察でされて、解散することになった。

その数日後、友人の一人(仮にTとする)の様子が明らかにおかしい。
理由を聞いてみると、どうやら面白半分で携帯で写メを撮ったらしい。
ただ、日を追うごとに、背中を向けているはずの男性が、ゆっくりこちらに振り向いてきているそうだ。
確認してみると、確かにこちらに振り向いて来ていた。

二人で呆然としていると、そこにその時一緒にいた、もう一人の友人(仮にMとする)がやってきた。

Mはその写メを見て、「あぁ、やっぱり面倒なことになってるな・・・」と。

M曰く、Tが写メを撮っている事を知っていたらしい。
ただその時、男の氏体がニターッと笑ってTを見ていたので、「絶対、面倒なことになる」と、ほぼ確信していたそうな。

MはTに「なんとかするが、携帯は諦めろ」と告げ、携帯を借りていくと、そのままその話はおしまい、という事になった。

その後は、特に何事もなく、Tも平穏無事に生きている。
ただMが仕事を片付けた後、「こういうのは面白半分ですると、必ず痛い目を見る。一人で死ぬのは誰だって寂しいから、大抵、道連れが欲しくなるんだよ」と、何か嫌な物を見るような顔で話してくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!