何台も何台もパッシングされ

その旧道は山中を通っており外灯も少なく、夜一人で運転するのはなかなか怖かった。
あるトンネルを抜けた瞬間、何か車が重くなったような妙な感じがした。

それ以降、すれ違う車が皆パッシングしてくるようになった。
車内灯が点いてるかライトがハイビームになっているのかと思い、確認したがそれもない。

何台も何台もパッシングされ、次第に焦りを感じてきた。

そうしていると、すれ違ったタクシーがUターンして無理やり追い越して止めてきた。
困惑して止まっていると、運転手のおじさんが恐い顔をしながら近づいてきた。

運転手のおじさん:「な、何ですか一体。」

私は窓を開け、おじさんに尋ねた。

運転手のおじさん:「今、屋根さ人乗ってだっけべな。危ねえべな!」

おじさんはすごい剣幕で怒鳴ってきた。

話を聞くと、車の屋根に四つん這いになった男がニヤニヤしながらしがみついてるのが見え、友達同士でふざけているのだと思ったのだという。
怖くなった私は、おじさんに後続してもらい、街まで送ってもらった。

私は県外の人間だったため知らなかったのですが、その旧道のトンネルはでることで有名で、地元民では知らない人がいない心霊スポットだったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!