真っ黒な腕の胴体

大学生の頃の話。

仲のいい友達(仮にY)が、何時頃からか連絡が取れなくなった。
周りの友達にそいつのことを聞いてみると、同じく連絡が取れない状態だった。

何かあったのかもしれないという事で友達(仮にT)と俺の2人でアパートに様子を見に行った。

アパートについてチャイムを鳴らしても出なかった。

鍵がかかってるかドアノブをガチャガチャして確認して、「出かけてるのかな」と言い終わると同時くらいに、鍵を開けるような音もせず急にバーン!と扉が開いて、何かがTを掴んだ。

何かというか人の手なんだけど、真っ黒でそれが人とは思えなかった。

Yの部屋からその手は伸びてるけど、真昼間なのに部屋の入り口から先が真っ暗だった。

そのせいで真っ黒な腕の胴体とかは見えなかった。

その手はTを部屋に引っ張り込もうとしてるみたいで、Tは「うわああああいやだああああ」と叫びながら抵抗してた。

俺は鍵がかかっていると思っている扉が急にバーン!って開いたので、ビックリしちゃって尻餅をついてた。

でもなんとかしなきゃと思って、尻餅をついたまま足で扉を閉めた。

真っ黒な腕が扉に挟まるイメージをしてたけど、腕は挟まることなくTを離して
スルリと扉の中に消えていった。

扉が閉まった後はひたすら走って逃げた。

その後なんやかんやあって、Yが近くの山で自殺しているのが見つかったんだけど、死んだのはアパートに行く前日とのことで、あの黒い手はYのものではないことが解った。

最後端折りすぎたかもしれないけど、あとはただの経過でオカルト的なことは起きてないので省略した。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!