階段が怖い

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。

そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。

家が古いせいか、かなり家鳴り?するんだよ。
ガキだった俺はそれだけで怖かった。

しかも階段が怖くてさ。
階段を昇がると直角に廊下があるんだ。

だから階段を昇るとき、昇った先の角からだれか覗いてるような事を考えるわけ。
だから昇る時は、できるだけ上を見ないように足元だけ見て階段を昇ってたんだ。

んでいつもと同じ22時ぐらいに寝ようと思って階段を昇ってたんだ。
足元だけ見てね。

そしたら階段の真ん中ぐらいまで行ったときに、弟がいきなり「お兄ちゃん前!前!」って泣きそうな顔して叫んでるんだよ。

ビックリして前をみると、階段を昇りきった角から、おかっぱの着物を着た小さい人形?みたいなのが見てるんだよ。
笑顔でじっと俺の方を体を角から半分だけだして。

もう半狂乱になりながら叫んで階段を降りて、両親に泣きながら話をしたが信じてもらえなかったよ。

マジであれは怖かった。

今でも忘れられない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!