誰かの影

珍しく夜中に目を覚ました。
今、何時だろう?何となく視線を向けた先、ベッドが面している壁に誰かのシルエットが映っていた。
頭、首、肩・・・が映っているように見える。

振り向けば何の影か分かるはずだが、ちょっとした恐怖と期待でドキドキしているうちに眠ってしまった。

翌朝、恐らく昨晩の光源であろうPCモニターの電源ランプの前に、お茶の2Lペットが置いてあった。

何だ昨日の影はこれか、と一人納得してお茶を注ごうとして、昨晩見た「頭」の部分に該当する要素がどこにも無い事に気付いた。

つまり、昨日見たのは「誰かの影」でなく、「誰かの頭部の影」である事に気付き、薄ら寒い思いをしたのが、今朝の話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!