黒い服の人

私が幼稚園の時に友達のSちゃんという子がいました。

Sちゃんには年の離れたお姉さんがいました。
たしか中学生くらいだったと思います。
セーラー服を時々着ていたのを覚えています。
お姉さんはとてもやさしくて、時々遊んでくれました。

ある冬の日、Sちゃんの家に遊びに行った時に、お姉さんが私に声をかけてきました。

お姉さん:「次か、次の次の日曜日って、どこか家族で行くとかある?」

私は「何もないよ。」と答えたと思います。

お姉さんは「じゃあきっとお姉さんに会いにきてね。」と言っていました。
何で?と私は聞いたと思います。

お姉さんは「お姉ちゃんね、桜が咲く前に死んじゃうの。さっき表にいた黒い服の人が教えてくれたの。お姉ちゃんね、怖いからやだっていったんだけど、黒い服の人が桜が咲いたらSも来るから怖くないよって。でもSにこの事いわないでね。Sはあなたと遊べなくなるの寂しがると思うから。」と。

そしてお姉さんは「指きりしよ」、と小指を出してきました。
私はされるがまま指切りをしました。

その日家に帰ったら親に「小指どうしたの?」と言われました。
お姉さんと指切りをした小指が、紫色になっていました。

その翌週くらいだったと思います。
私はSちゃんの家に行く事になりましたが、お姉さんが交通事故にあって亡くなったのでした。
黒いワンピースを着て、お姉さんのお葬式に行きました。

お姉さんはセーラー服の写真で祭壇の中にいました。
親と焼香をした時に、お姉さんの声で「内緒だよ。約束だよ。」と聞こえました。
私は無意識にうなずいていました。

その春、私もSちゃんも卒園でした。
私はSちゃんと別の小学校へいくことになりました。
卒園式が終わって、Sちゃんがバイバイしたのを見たのが最後です。

Sちゃんは入学式前に火事で亡くなりました。

その時に私はSちゃんが死んだのが悲しいというよりも「お姉さんとSちゃん一緒だから寂しくないよね。いいな。私は小学校から一人ぼっちなのに」と思ったのを漠然と覚えています。

Sちゃんのお姉さんが会った黒い服の人よりも怖いのは、人が死んでも悲しまない私かもしれないと、お姉さんより大きくなった今ふと思ってしまいます。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!