自称『見える』人がいた

高校の時に、自称『見える』人がいた。
「守護霊見てあげるねー」と言われたので、話に乗ってみることにした。

私以外に三人見てもらったが、三人は「守護霊がおばあちゃん」「幽霊撥ね退けるタイプだね」「何か作った?蛇が絡みついてるよ」と言われていた。
蛇が絡みついていると言われた子は、蛇のタルパ作っていたことが後に判明。

私の方は、「お前どうした。霊が列作ってる!守護霊なんて、最後尾のプラカード持っている人みたいだし。右に白い狐と左に白い人とか。白い人が守護霊の役割してるし」と大笑いされた。

並びは、人私狐という横並びだそうだ。
白い人の身長は180~190の間で、良いものでも悪いものでもないが、幽霊を食べていたり、そこら辺の幽霊よりは余裕で強い。
お祓いをした方が良いとまで勧められた。
「怖い話には関わるな。白い人はたまに狐に怒られている・・・」とまで言った辺りで、「この話はもうしない。白い人に睨まれた。気付かれたくなかったみたい」と言われた。
ラノベにありそうと内心笑っていたが、なんとなく「幽霊か分からないけど、行くべき所にはいつか行って。悪さしないなら居ても良いかな」と思っていたら、見える人が私を見て「お前何を思った?白い人が笑顔でお前の首に手を回してるんだけど」と、なんとも言えないような表情で言ったことが印象に残っている。

「首絞め?」
「違う。嬉しそうに抱き付いて・・・分かったから!この話はしない!」と無理やり会話を切られた。

それからすっかり見える人とは、疎遠になってしまった。
余り怖くない話ですまない。

さて、この見える人に話を聞く前の話を簡単にしようと思う。
ある夜、金縛りにあったことがあるのだが、澄んだ声で「人を怨んではいけないよ」と、真っ白な服を着た人に言われたことがある。
息遣いがはっきり分かるぐらいの至近距離から。
ただ、私は目を開けていない。

何故白い服だと思ったのか。
そして頭を撫でられて金縛りは消えた。
これが見える人が見た人と同一人物だと仮定するなら、きっと悪いものではないと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!