黒い空間

私の母が体験した話を一つ。

前提として、母は霊感がほんのちょっとだけある。
祓ったり霊とコンタクトをとったりとかはできないけど、母に意識を向けてる霊がいたら気配で分かる、そんな感じ。

もともと母は気配に対して鋭敏で娘の私自身驚くほどのレベル。
そんな母の体験談はいくつかあるけど、そのうちのひとつを話す。

ただ、この話は私が自身の友人たちに話したことがあるから、もし彼らの中にこれを見た人がいたら私が誰かわかるかもしれない。

母が女子大生だったころの話なんで、これは大体30年近く前の話。
母は当時、H県のM大学という大学の女子寮に住んでいた。(今まだその寮があるかはわからない)

当時の部屋は4人1部屋で、同じ部屋に各学年が住んでいて、1~2年生が同じ部屋の上級生のお世話もするといったものだったらしい。
そんな母が大学2年生になって、夏の前期試験が差し迫った頃の話。

あるとき、寮の階段で5~7歳くらいの女の子と男の子が走っているのをちらっと見かけた。

母は寮母さんの子供かな、と気にかけなかった。
前期試験の勉強のために、母は夜遅くまで寮の部屋で起きていた。
同じ部屋の人たちは研究室だったり、ほかの場所で勉強してたりで部屋には母しかいなかった。

ふと気づくと部屋に子供たちがいた。
子供たちは「お姉ちゃん、遊んで」と母にせがんだ。

母は寮母さんの子供たちかなと思ったが、生憎日頃の不勉強のためそんな余裕はなかった。
仕方ないので余った紙とペンを渡したところ、2人は母の机の空いたスペースでお絵描きをはじめた。
そして気づくと、ペンは残して紙と子供たちは消えていた。

寮母さんの子供さんだと思っていた母は何ら疑問を抱かず、寮母さんの元に帰っていったんだな、くらいにしか思わなかったらしい。

子供たちはその後何度かやってきて、そのたびにお絵描きをしていった。
だが子供たちは母以外の人が部屋で起きているときには来ず、母以外が寝たり不在だったりの時にのみ来た。

そしてさらに数日後。
本格的に試験勉強がやばくなってきたころ、子供たちが再びやってきた。

いつも通りペンと紙を渡し、子供たちはお絵描きをはじめた。
母曰く、子供たちは仲の良い姉弟だったという。

子供たちをほっといて母は勉強をしていたが、さすがに普段行儀のいい子供たちもお絵描きに飽きたらしく、「お姉ちゃん、遊びに行こうよ」と母に言った。

母の机のサイド側、本来白い壁があるはずのところに壁はなく、ぽっかりとした黒い空間が開いていた。
女の子はそこを指差しして母に言ったという。

母はそこに空間があることには不思議と疑問を抱かなかったが、試験勉強で尻に火がついていたため、「ごめんね、勉強しなきゃいけないから行けない。行きたいなら2人で遊んでおいで」と素で返した。

そして気づくと二人はいなくなり、その後二度と母の前に現れることはなかった。

母は「試験勉強に助けられたわ」と笑って私に話した。

私は幾つか疑問を投げた。

私:「子供たちは霊か?」
母:「おそらく。ただし悪意は感じられなかったし、おそらく本当に単に遊んでほしかったのだろう」

私:「黒い空間には疑問を抱かなかったのか?」
母:「不思議と何も。例えば机が存在する、それくらいの認識で空間を認識していた。後から思い出して怖くなった」

私:「黒い空間は何か?」
母:「これは推測だけど、あっち側。たぶん行ったら戻ってこれなかった」

私:「子供たちのことは友人や寮母に言わなかったのか?」
母:「友人にはチラッと。寮母さんって子供いたっけ?どうだっけ?くらいの会話しか。後々寮母さんに訊いたら、寮母さんそもそも子供いなかった」

私:「子供たちの質感は?違和感は?」
母:「違和感はなかった」

私:「寮の勉強机(1人に1つ与えられていた)は狭いはず、勉強で教科書等を広げていたなら尚更。お絵描きスペースはないはず」
母:「その通り。おかしなことに子供たちがいる間はまるで机や空間が拡張していたかのようにスペースがあった。ただ違和感を感じたことはなかった」

そんな怖くはないけど、試験に助けられた母の話。
ちなみに母のほんの少しだけの霊感は私も身近で何度か見た。

母は事故で誰かが亡くなった数時間内に近い場所を通ると肩が重くなり、そこから離れると軽くなるらしい。
習い事のお迎えに来てもらった帰り道に、何度か「肩が重い。誰か死んだな」と言うことがある。
決まって翌日、近くで事故死があったという記事が地方紙に小さく載る。
車にはねられたおばあさんだったり、トレーラーの巻き込み事故で犠牲になった女の子だったり。

あと、普通部屋に突然子供が現れたら普通の人はびっくりするだろうけど、母は気配に敏感だから背中を向けてても「誰かいる」ってことを察知できる。
だからびっくりしない。

私が幼い頃、よく母を驚かそうと足音を立てずに近づいても、意識を母に向けてる限りドア一枚隔てていても「●●(私)、なんでこそこそしてるの」と見破られてしまう。

母には心霊スポットには絶対行くな、近づいて嫌な感じがした場所も近づくなと言われて育ったし、それを破る気は成人した今もない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!