映像に映り込んだ霊

『映像に映り込んだ霊を撮影時には気付かなかった』というケースはよくあるが、一度、その逆パターンを経験したことがある。

場所は都内の小劇場で、マチネ(昼の部)の上演中だった。
自分は演出家に頼まれて照明室から舞台を撮影してたんだが、芝居の途中で客席がざわついて、女性客から小さな悲鳴が上がったんだよ。

ざわめきは1,2分でおさまって芝居は続行したが、あとから聞いたら、演技する役者達の後ろを、女の腰から下(の薄~い残像みたいなもの)がスーッと横切ったというんだ。

レンズをのぞいていた自分には何も見えなかったし、観客にも気付いた人と気づかなかった人がいるんで、映像で確認しようとスタッフ達と見てみたら、何も映っていなかった。
でも、観客やスタッフに見たという人が何人もいるから、ソレらしいものが出たことは出たんだろう。

もともと自殺した女優の卵の幽霊が出るという噂のある劇場だったが、役者に未練があるのに映像に映らないということに、幽霊の暗く歪んだコンプレックスみたいなものを感じた。

こういうと何だが、生きてても芸能界では成功できなかった人じゃないかな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!