自殺した人の湯灌

うちの母が湯灌(湯灌(ゆかん)とは、葬儀に際し遺体を入浴させ、洗浄すること。)の仕事をしている。
簡単に説明すると『おくりびと』の仕事ね。
特に霊感とかはないらしいんだけど、仕事柄、たまに不思議な出来事に遭遇するらしい。
話を聞いた中で印象に残ってるのが、自殺した人の湯灌に行った時の話。

亡くなったのは農家の20代の息子さんで、身体の弱いお父さんに代わって、一人でがんばってたんだとかなんとか。
理由はわからないけど、結婚間近の彼女もいるのに首をくくっちゃって、うちの母が呼ばれていった。

母が農家のお宅につくと、残された家族はみんな泣き叫んでいたらしいんだけど、特に彼女さんが『発狂』という言葉がピッタリなくらい泣き叫んでいたらしく、たまたま亡くなった男の子が私と同い年だったこともあって、思わず母も涙ぐんでしまったらしい。

そんな中、化粧や衣装の着せ替えなど、お仕事を進めていたらしいんだけど、だんだん彼女の様子がおかしくなってきて、「◯◯(死んだ子の名前)が今そこに立ってる・・・」と、何もないところを見ながら話を始めたらしい。

うちの母は、「あまりのショックで頭がおかしくなったんやな・・・かわいそうに・・・」と最初は思ってたみたい。

だけど身体の弱いお父さんが、「お前がおらんようになったら、これから草刈シーズンやのにどうすんねん・・・オレ、混合油の作り方もわからんねんぞ・・・」とポツリとつぶやいてから雲行きが変わった。
※ちなみに混合油は草刈機を動かすのに使う燃料のことね。

「◯◯がこう言ってるよ。納屋の奥から何番目の棚の段ボールに作り置きの油を置いてあるからって」

見えない何かと会話していた彼女が呟いたんだとか。

その後お父さんが納屋を見に行って「ホンマに作ってくれてあった・・・」と、作り置きの油を持って帰ってきたらしい。

うちの母は帰ってきて「今日は怖かったわぁ」と、この話をしてくれたけど、怖いというよりはなんか切ないよね・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!