霊は本当に存在するのだ

私の実家は小さい店を経営しています。
Mさんという私より3つ年上の女性従業員さんが一人いて、その方は高校生の時にお母さんを亡くされています。
なので、私の母を本当の母のように慕っており、私の母もまた自分の娘のようにMさんを可愛がっていました。

私と妹も本当の姉妹のように仲良くしてもらっていて、いわゆる家族ぐるみのつき合いをしています。

私の母が急に亡くなったのは今から4年前の夏の夜でした。
翌朝、誰よりも早くMさんが駆けつけてくれました。
絶句したMさんが母の亡骸に駆け寄り、しばし無言の対面をしました。
親戚より早く来てくれたMさん。とても嬉しくてそして悲しくて・・・。
あ私と妹が「お母さん、Mさん来てくれたねー。」って母に語りかけた時でした。

突然、カーーーーーーンンンン・・・・・・・・・

仏壇の鐘が高く鳴り響いたのです。
びっくりして3人で顔を見合わせました。
勿論、誰も鐘には触っていませんし、その場には私たち3人以外誰もいませんでした。
その時の感情は言葉では言い表せないのですが、3人で抱き合って泣きました。

「あぁ、お母さんMさんが来てくれたの嬉しくって有難うって言ったんだね。」って私たちは頷き合いました。

それまでの私はオカルト話とか好きな方でしたが、実体験をしたこともなく半信半疑という感じでした。
ですが、その時に確信しました。
霊は本当に存在するのだ、と。

あの長ぁーい鐘の余韻はいまだに忘れられません・・・

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!