友達を見守っている人

ある日、私は地元メンバーでオールをしていた。
明け方になって、家の方向が同じ友達と二人で帰っていた。

横断歩道を渡ろうとした時、私は確かに見た。
横断歩道の向こう側に、お爺さんがニッコリ笑って立っている。
田舎の薄暗い明け方。
人の姿も珍しいくらいの時間。
私は横にいる友達のほうを見た。が、友達は何も気付いていない様子。
私はまたお爺さんのほうを見た。
すると、お爺さんは明らかに、私ではなく横にいる友達のほうを見て笑っていた。

私は友達に「知り合い?」と聞いてみた。
すると友達は、「何が?」と答えた。
私が指差しながらお爺さんの方を見ると、お爺さんはいなかった。

私は寒気がした。
そして、友達に話した。

私:「さっき、あそこにお爺さんが、◯◯(友達)の方見て笑ってたんやって!」

それを聞いた友達は、目をまるくして一言。

友達:「うちのお爺さん、私が産まれる前に、ここの横断歩道で車にひかれて死んでん」

私は固まった。
そんな私に対し、友達は笑顔で言った。

友達:「うちが産まれるん、楽しみにしてたらしい。見守ってくれてるんかな」

何だかせつなく、涙があふれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!