隠し村は存在する

自分の地元のA県で戦後まもなくの事。

営林署の職員が休日に山菜取りをしたあと帰ろうと思ったが、入り慣れた山のはずなのに何故か迷ってしまった。
日も西に傾き始め野宿を覚悟したころ、見たことも無い大きな屋敷の前に出た。

その屋敷は古い萱葺き屋根の建物で、人のすむ気配はあるが家の外には人の姿はなかった。
ここは人外の住む場所かと不安もあったが、結局野宿するよりはましと考え、一晩の宿を請おうと玄関をくぐると、30人分程の数多くの靴があったらしい。

応えて出てきた主人は特に怪しい所もない普通の人間で、道に迷った旨を告げると快く泊めてくれることになった。
食事の時に広間にはやはり30人ほどの人間がいて、幼子から若い女性まで年齢は様々で、いくつかの家族がまとまって暮らしているらしかった。

そして何事もなく次の日を迎え、帰りの道を教えてもらい、いざ屋敷を去ろうとしたとき主人が、「ここで見た事を誰にも話してはならん。営林署にも街の役人にも俺達の手下はいる。長生きしたければ大人しく言うことを聞いいた方がいい」と言い出したらしい。

主人の顔が余りに真剣であったこと、また話してもいない自分の職場の名を出されたことで職員は怯えてしまい、70を過ぎ平成の世になるまでその話は胸に秘めていたそうだ。

A県には隠し村の噂もあったりするようなのでちとビビった、て話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!