その客は今も来店している

ファミレスでの出来事です。

今鳥肌立ちっぱなしです。
酔っ払ってるので少しおかしいかも・・・。

当時中学3年生の僕たちは、2人で勉強していたのですが、1人の客がまるで向こうに相手がいるかのように話していたんです。
気持ち悪いな~と思っているとグラスは2つ。
店員さんも気を使ってるんだなと、そのときは思っていたんです。

で、その友達と今日飲むことになり、そのことを話したのですが、どうもおかしい。
僕は『変な女』を見たはずなのに友達は『変な男』を見たというのです。

流石に7年も前のことなので間違えているのかな?と思ったのですが、僕たちがどこに座ったか、その『変な客』はどこにいたか、があてはまるんです。
女だと思っている僕は、女は僕から見て後ろ、男だと思っている友達は、僕から見て向かい側にいた、と言うのです。

まるでその『変な客』が向かい合っているように・・・。

会話も、僕が聞いたのは「そうだよね~」や頷きに対して、友達が聞いたのは「~が~でさ~」といった会話で、僕たちの話を合わせると、会話のようになるのでした。

ここで終わりにすれば良かったのですが、2次会でそのファミレスに行くことになり、7年前と同じ席に着いて、何か見えるかな~って閉店まで待ってました。
でも何も起こるはずもない。
失礼だったのですが、ラストオーダーを聞きに店員がきたときに僕が、「このお店のお客で、1人だけなのにグラスを2つ置いて、相手がいるみたいに話すお客っていましたか?」と聞いたんです。

そしたら店員が少し考えた後に、「そういうお客様の話はあります。私も見たことはあります」と言ったんです。

どうやら僕たちが見たのは、片方は見てはいけないものみたいだったようで・・・。
怖くて僕は聞けなかったのですが、友達が「それは男性ですか?女性ですか?」と聞きました。

店員は「このことは内密にお願いします。女性です」と言って、すぐに立ち去りました。
もともと友達は霊感があるらしく、『何か』を見ることがあるようですが、あるべきものがない、という体験は初めてらしく、2人で呆然としていました。

で、会計のときに僕が、「そのお客はまだ来ているんですか?」と聞いたところ、「まだ来ていますが、お客様はもう来ないほうがよろしいと思いますよ」と言われました。

その後、コンビ二でお酒買って飲み直そうとしたのですが、救急車が頻繁に通り、怖くなって(僕が)お開きにしました。

つい1時間前の話です。
ちなみに友達は明日、開店から閉店までそのお店に張り込むつもりです。
以上でした。
怖くなかったらすいません。

僕の見えた(他の人も見える)『変な客』の女性は生きていて、友達の見た『変な客』の男性は、あちらの方みたいです。

謎なのは、なんで生きている女性を友達が見ることが出来なかったのかにあるかと・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!