ずっと気になってたけど、いるよ

金縛りに遭った。
俺は見えない体質だが、そのときはイメージが入ってきた感じ。
ワンピースを着た若い(けどJKよりは上っぽい)ねーちゃんに鼻を舐められた。
気になったんで、ビデオ通話で見える知り合いに見てもらったんよ。

見える知り合い:「・・・いつも思うんだけどさぁ・・・後ろになんかいるよねぇ」

心臓を掴まれた気分になった。

見える知り合い:「ほら、左肩・・・あ、頭の上いった」

???となっていると相手が「にゃ~ん」って言ってる。
しばらくして俺の問いに答えた。

見える知り合い:「でもね、その子じゃないよへへへ~」
俺:「ん?ちょっとまって、俺の左肩のは灰色?黒?」

見える知り合い:「灰色かなぁ~」
俺:「しっぽの根元折れてる?」

見える知り合い:「ちょっと後ろ向いて・・・うん、折れてる」

昔、猫を二匹飼ってた。
♀の親子、俺の肩にいるのは子供のほう。
よく親子で縄張り争いして喧嘩してたなぁ・・・。
よく(いい意味でも悪い意味でも)可愛がってたから。
なんかちょっと安堵と嬉しさがこみ上げた。

見える知り合い:「でね・・・ベッドの上にね女の子がいるの」

どきっとした・・・。
金縛りの子は十中八九その子だ。

見える知り合い:「髪の毛長くてワンピース着て・・・・・・四つんばいで動いてるよ」
俺:「もしかして耳の裏に傷ある?しっぽある?先っちょ折れてない?」

相手は全てにうなづいた。

俺:「おれって肩のコイツ触れたり・・・できないかなぁ」
見える知り合い:「今頭の上にいるよ~、感触はないと思うけどイメージしながら触ってみて」

俺は首根っこ掴むイメージで右手を頭上に動かした。

見える知り合い:「そうそう、できてるよー」

俺は掴んだ猫をベッドに放り投げた。

その瞬間、通話画面にノイズが走り、黄色く画面がぼやけた。

俺:「あ・・・もしかして今喧嘩してる?」
見える知り合い:「・・・してる」

見える知り合い:「ベッドの子、コイツの親猫だわ。20年くらい生きたから人間の姿なら20歳くらいに見えるわな」
見える知り合い:「自分のこと、人間だと思ってたんだね~。愛してくれた人たちと同じ姿がよかったんだよ」

そんなことが何年か前にあった。
どうやら親猫は場所についてるらしい。

見える知り合い:「あ、壁すり抜けてったよ・・・浮いてるときも四つんばいなんだね~ふふふ」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!