山ミサキと呼ばれる風

友人の話。

山道整備のボランティアをしていた時のことだ。
邪魔になる張り出し枝を切っていると、不意に生暖かい風に包まれた。
途端に背筋がきゅっと冷たくなる。

何だこの風は?

鋸を取り落として身体を抱きしめた次の間、目の前を何かが横切った。

長い髪を振り乱した青白い生首が、風の中に舞っていた。
嫌になるくらいに無表情だったという。

あっという間に首は流れて消えた。
周りの空気が正常に戻る。

しかし、身体に取り付いた悪寒は去らない。
青い顔をして詰め所に戻ると、今見た物を告げた。
誰も信じてくれなかったが、責任者格のお爺さんは一人こう言ってくれた。

お爺さん:「悪い風に行きあっちまったな。今日はもう降りろ」

そして「まず熱が出るから大事にしてな」と付け加えられた。
その言葉通り、彼はその夜から二日間ほど寝込んでしまったという。

後で聞いたところ、件の風は地元では山ミサキと呼ばれているらしい。

出くわすと大熱を発し、運が悪いと死んでしまうこともあるのだと。
そんな目に遭ったにも拘わらず、彼は今でもそこのボランティアに毎年参加しているそうだ。
彼は「ま、死ななかったしな」そう言って頭を掻く。

ただその山に入る前に必ず、登山口で線香を上げるようになったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!