オカルト師匠はその後・・・

僕がド田舎から某中規模都市の大学に入学した時、とりあえず入ったサークルにとんでもない人がいた。

大学受験期にストレスからか、やたら金縛りにあってて、色々怖い目に遭った。
そのことから、オカルトへの興味が高まっていた時期で、そんな話をしていると、ある先輩が「キミィ。いいよ」と乗ってきてくれた。
その先輩は院生で、仏教美術を専攻している人だった。

すっかり意気投合してしまい、見学に行ったその日の夜、ドライブに連れて行ってもらった。
夜食を食べに行こうと言って、えらい遠くのファミレスまで連れていかれた。

そこは郊外のガストで、『なんでここなんですか?』って表情をしてたら、先輩曰く、「ここな、出るよ。俺のお気に入り」と・・・。

ファミレス自体始めての田舎者の僕は、それでさえ緊張してるのに出るってアンタ。

先輩:「俺が合図したら俯けよ。足だけなら見えるはず」

そんなことを言われて飯が美味いはずがない。
しかし、もさもさ食ってると、急に耳鳴りが・・・。

冷や汗が出始めて、手が止まると先輩が、「オイ。俯けよ」と、慌ててテーブルに目を落した。
しばらくじっとしてると、ていうか動けないでいると、視線の右端、テーブルのすぐ脇を、白い足がすーっと通りすぎた。

いきなり肩を叩かれて我に返った。

先輩:「見たか?」

リングの公開前だったがのちに見ると、高山が街で女の足を見るシーンがこれにそっくりだった。

僕が頷くと、先輩が「今のが、店員の足が一人分多いっていう、このガストの怪談の出所。俺はまるまる見えるんだけどな。顔は見ない方が幸せだ」と。

なんなんだこの人・・・。

先輩:「早く食べろ。俺嫌われてるから」

俺もわりに幽霊は見る方なんだが、こいつはとんでもない人だとこの時自覚した。

そのあと空港へ向う山道の謎の霧だとか、先輩お気に入りの山寺巡りなどに連れまわされて、朝方ようやく解放された。

以来、俺はその先輩を師匠と仰ぐことになった。
それは、師匠の謎の失踪まで続く。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!