かなりヤバいのが写ってた

知り合いの話。

好事家の彼は、同好の士とよく廃村巡りをしている。
ある山中の廃村に出向いた時のこと。
そこは最近まで居住者がいたらしく、まだ家屋も崩れきっていなかった。
車を停めてから森の中をかなり歩いたが、その裏寂れた雰囲気は大いに気に入り、来た甲斐があったなと思ったそうだ。
写真を何枚か撮って帰途に・・・。

写真部の仲間に現像してもらうと、まるで思ってもいない仕上がりとなった。
彼ら自身が写っている写真には何もないのだが、廃屋や標識跡を撮った画像には、そこにいなかった筈の人物が、くっきりと写り込んでいたのだ。
それも一人や二人ではない。
かなりの集団だ。

不思議なことに、どの人も頭に何かを被っていた。
帽子を被っている者。
蓑笠を被っている者。
防空頭巾のような物を被っている者。

その全員が一人の例外もなく、被り物の奥の顔は見えない。
ただそこだけ、墨で塗りつぶしたかのように真っ黒になっているだけ。

知り合いの寺に持ち込んだが、そこの住職さんも困ってしまったらしい。
とりあえずお経を上げてもらい、ネガごと預けて帰ってきたという。

彼らの身には今のところ、何も悪いことは起こっていないそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!