気色悪いお爺さん

以前アメリカに住んでいた私の友人が体験した話です。

彼女は数年間、アメリカの企業で働いていたのですが、その会社はかなり大きなオフィス街のビルに入っていました。
そのビルはほぼ正方形で、中央にエレベーターがついており、東西南北どの方向にも出られる造りになっていたそうです。

ある日、友人はいつものように仕事を終え、帰宅する会社員やOLでいっぱいのエレベーターに乗りました。

1Fに降りた時、視線を感じてふと目をあげると、こちらをじーっと見ている一人のお爺さんと目が合いました。

そのお爺さんはオフィスビルには不似合いなラフな格好で、兵隊さんがかぶるような帽子をかぶっていたそうです。

その日は何か軍事的?な記念日だったらしく、退役軍人のお年寄りでそんな帽子をかぶっている人を何人か見かけていたので、友人は「なんでこんなとこにこんなお爺さんが?」と思ったくらいで、別に不審には思わなかったそうです。

目が合った時、お爺さんはにっこりと笑いました。
友人は「???」と思いましたが、無視するのも悪いと思ったので会釈をして通り過ぎ、そのまま北側の出口から表に出たそうです。

お爺さんは西側の出口の方に歩いていきました。
※実は東西南北どの出口だったかまでは確認していなかったのですが、文章で説明する際、便利なので使わせて頂きます。

友人はビルから出て、ビルの前の広い道路を横切りました。
すると驚いたことに、先ほどビルの中ですれ違ったお爺さんが向こうから歩いてくるのです。
相変わらず友人をじっと見つめながら・・・。

西側の出口から出たお爺さんが、大きなビルをぐるっと回って北側までに戻り、さらに道路の向こう側まで行ってこちらに戻ってくるのは時間的に不可能です。

西側に行くフリをして友達の後ろからついていって、走って追い抜いたんじゃないの?と茶化してみましたが、大まじめに否定されました。

交通量の多い広い道路なので横断歩道を渡らなければならず、もし走って追い抜かれたならその時わかるはず、それにかなり向こうから歩いてきたもん、と言ってました。

友人は驚いて、初めてぞっとしました。
でも、もしかしたら自分の勘違いで、さっきのお爺さんとは別人かもしれません。

今度はさすがに怖かったので、視線を感じながらも目を合わせないようにしてうつむいて歩きました。
でも、すれ違いざまに、お爺さんに「また会いましたね・・・」と言われたそうです。

振り返らずに速攻逃げてきた、と友人は話してくれました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!