祖父があの世から抵抗

お盆に地団駄踏んだ祖父の話を。

数年前のお盆、祖父の墓参りの為に祖母宅へ子供二人連れて前日から遊びに行った。
祖母宅は祖母と従弟の二人暮らし。
うちの祖母は元気な人で外食も大好き。
近くにできた本格中華のお店に次の日食べに行こうと、従弟も含めて大盛り上がり。

ドスドスドス

廊下を人が足を踏み鳴らして歩く音がした。
家の奥側から玄関に向かって歩く音。
耳の遠い祖母以外、全員が襖の向こうの廊下の方を見た。

「泥棒!?」となり、慌てて襖を開けるが、誰も居ない。
廊下の向こうはガラス張りで台所。
足音が向かった玄関へ行くが誰も居ないし、閉まってる。

玄関の手前の仏間も誰も居ない。

台所の前に戻ると「ドスンドスンドスン」

台所の誰も居ない空間で向こう側へ音がゆく。
てっきり台所の屋根の上(トタン屋根)を誰かが歩いてるのか?と玄関飛び出して外から見たけど誰も居ない。

私が廊下や台所、外を見ている間、従弟は押入れの天袋から屋根裏も見たけど、やはり誰も居ない。

パニクってるうちに祖父の若い頃の話を思い出す。
怒ると地団駄踏むんだっけか?

慌てて仏壇にお線香上げて「ちゃんと墓参りしてから中華食べにいきます」と説明。

その間、祖母一人がキョトンとしてたので説明したら、苦笑いされた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!