球磨川河口での入水者

K県Y市に港がありその沖500mほどに三っ島ってのがあります。
周囲2・300mほどの島が3つに小さい島1つで計4つの島です。
すべて、無人島です。

その南から2つ目の島(4島中最大)が観光地化されてキャンプ場とか出来てます。
以下、親父(75才、元漁師)の話・・・。

親父が10代の頃、伝馬船(公園のボートみたいの)で親父の弟と釣りにいったが夜になり、島のそばで船を止めて船中泊。
深夜、弟が飛び起き「とにかく帰ろう!」と錨のロープを切って、櫓を漕ぎ出した。

帰りながら弟を問い詰めると、「錨のロープに人が掴まり鼻から上を海面に出し、にやって笑った。」と。

その島に夜釣りに来てた人が、ちょっと離れたところにいる相方に、「おおーい・・・俺の足元に死体があるぅぅ」と言ったそうです。
携帯などない頃で、瀬渡し船を呼べず朝までそのまま・・・近くの球磨川河口での入水者だったらしい。

この島は、明治初期に伝染病が流行った時、患者を島の中腹に生き埋めにした、と親父は言ってた。

「あんなところでキャンプは出来ないな。Y市の開発課はもちょっと調べてから・・・」と言う俺に、「んなーこたない」と親父は言ってたが、その島のそばでは漁はしなかった。

地元の観光地を貶めるつもりはないが、これからキャンプの季節。
そこに行く人は線香の1本でも・・・。
俺は行かないが・・・。

自分はO島出身。
激しくローカルねた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!